唇のケア、美容について

9唇はとてもデリーケトな部分で、唇は肌と違って口の中と同じ粘膜でできているので、肌以上に乾燥し荒れやすいです。きれいにメイクしていても、唇がガサガサに荒れていては台無しですので、美容に気を配るなら、唇のケアも忘れずにしたほうが良いです。

ビタミンB2とビタミンB6は、唇の荒れと関係が深く、ビタミンB2は健康な細胞をつくるのに、欠かせないビタミンで、不足すると肌荒れに直結しますので、飲酒やストレスによってもたくさん消費されてしまうので、注意しないといけません。

マッサージで唇とその周りを取り込む口論筋を柔らかくもむほぐすと唇の血行もよくなり、健康的な唇になります。

唇は、肌のように皮脂腺や汗腺がないので、外部刺激に弱く、非常にデリケートで荒れやすいのです。 唇の表面は、非常に薄い角質層が新陳代謝を繰り返し、そのターンオーバーはだいたい3日です。お手入れをすれば、それだけ早く回復できます。

唇のお手入れには、肌と同じ化粧水ではなく、リップクリームやリップバームなど唇専用アイテムを使うと良いです。紫外線対策として、UVカット効果のあるものがよく、つける時は、唇だけではなく外側の輪郭まで覆うようにつけ、中指か薬指でなじませるように軽くマッサージすると、浸透がよくなります。

乾燥がひどい時には、リップクリームをたっぷりつけてマッサージした後、唇全体を覆う大きさのラップフィルムを貼ってしばらく置くパックがおススメです。ラップの上から蒸しタオルで暖めるか、マスクをすると効果倍増し、お風呂で、湯船につかりながらでも効果がありま。ハチミツやオリーブオイルを使っても良いです。

倉敷で人気の脱毛サロンを探しているなら
脱毛倉敷人気ランキング

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です